2013年10月08日

曼珠沙華

いつぞやの彼岸花
ピークは過ぎていた

005-20131008.JPG

001-20131008.JPG 002-20131008.JPG 003-20131008.JPG

経口摂取すると吐き気や下痢を起こし
酷い場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至る(*‘ω‘ *)

004-20131008.JPG 006-20131008.JPG 007-20131008.JPG

008-20131008.JPG 009-20131008.JPG 010-20131008.JPG

彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する
別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある

011-20131008.JPG 012-20131008.JPG

異名が多く、死人花、地獄花、幽霊花、剃刀花、狐花、捨子花、はっかけばばあと呼んで、
日本では不吉であると忌み嫌われることもある

013-20131008.JPG 014-20131008.JPG 015-20131008.JPG

反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもある

016-20131008.JPG 017-20131008.JPG 018-20131008.JPG

019-20131008.JPG 020-20131008.JPG 021-20131008.JPG

022-20131008.JPG 023-20131008.JPG

花言葉は
「情熱・独立・再会・あきらめ・悲しい思い出・想うはあなた一人・また会う日を楽しみに」

024-20131008.JPG

花の形が燃え盛る炎のように見えることから、家に持って帰ると火事になるという迷信

061-20131008.JPG

文章はwikiより拝借
posted by ゆきち at 20:13| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。